私の撮影方法をご紹介します。

文字で伝えるのは難しいので、YouTubeを再生していただけると嬉しいです。

今回撮影したのは和室です。

お伝えしたかったのは、この2点です!

  • 撮影は簡単です。
  • 箇条書きはわかりやすい。

撮影は簡単です

えっ!こんなもんなの…

と思っていただけたと思います。

私が一部屋を撮影するのにかける時間の目安はおよそ3分です

実際にストップウォッチで同じ動きを通しで計ってみたら2分40秒でした。

映像で使われている時間は38秒です。

箇条書きはわかりやすい

映像でも箇条書き風に伝えるというのは、大事なことだと思っています。

それから蛍光ペンで強調することも必要です。

今回の映像では、エアコンとコンセントが蛍光ペンの部分に当たります。

壁を映した時点で、これらはすでに一度映っていますので、本来はいらないわけです。

しかし注目して見てもらいたい、印象付けしたいと思えば、アップで写すべきです。

たとえ1秒でもアップで見れば印象に残りますので、後で見返すきっかけになります。

  • そういえば、あの部屋のエアコンはどんなのが着いていたっけ…
  • 家具の配置をイメージしていた時に、テレビのアンテナ線があったっけ…

不動産を管理する業務でもあると便利です。

  • あの部屋のコンセントどんなんだっけ…
  • あの部屋は照明が付いていたっけ…

記憶はあいまいです。箇条書きで記録しておきましょう

初回はこんなところです。

では、またお会いしましょう。さよなら~