Simカードの差し替えで気を付けること!

こんにちは!店長です。

ここでは裏ワザ的な方法でSimカードを使用する場合に、ありがちなトラブルを未然に防ぐ方法をご紹介します。

iPhoneに限定して書いていますので注意してくださいね。

  • 4SのSimカードをカットして5Sなどを使用する場合
  • ゲタを使用する場合
  • Simアダプターを使用する場合

この様な場合はSimカードを取り出す時に注意が必要です。

Simカードを取り出そうとピンを刺しても、引っかかって出てこないので、ピンを無理やり押したらズボッと潜ってしまい、Simカードを取り出せなくなってしまった。

iPhoneのsimカードを取り出す

原因はSimカードの厚さの違いです。ナノSimは薄いんです!
規格上はミニ,マイクロSimが0.76mmでナノSimが0.67mmで0.09mm違います。実物にはさらに誤差があるのでもう少し差が出る場合がありますし、Simトレイについた汚れでさらに変わったりします。

Simカードのサイズ違い

この微妙な違いが、Simカードが入ったけど出てこないとなります。

アダプターやゲタの場合はさらに厚くなりますので注意が必要です。

これを解消するには薄くしてしまうのが早くて確実です。

目の細かい紙やすり印刷されたマークが消えるくらい削れば十分です。メッキされた部分を指で押さえて優しくシュリシュリやれば外側から徐々に薄くなります。

メッキされた部分を手で触ってはいけないのでは?
ぜんぜん問題ないですよ!そんなことでは壊れません。
でも心配でしたら別の方法を考えて下さいね。

特に角が引っかかるので、角を削って丸めるだけでも効果はあります。

Simカードが取り出せない

これをやっておけばSimカードを取り出せないというトラブルは起きないでしょう。
あくまでも自己責任でお願いしますね。

↓↓よろしければ下の「いいね」ボタンを押してくださいね↓↓

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

Translate »